大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

いなり食堂(食堂・西区草津東)~創業60年超の老舗食堂~

広島電鉄草津駅。 比較的開けた立地にある宮島線各駅の中では、個性派かもしれません。 こまごまとした道が織りなす、特殊な雰囲気のあるエリア。 厳島神社の御神酒を造っている「小泉酒造」や老舗鮮魚店「魚勢」があり、『いなり食堂』も一角に店を構えています。 店内は昭和に戻ったかのようなレトロ感満載。 エアコンとテレビの新しさが異質に感じられるほど。 店を切り盛りするのは、ひとりの女性。 お年は召していますが...

一ノ口十ノ口(ラーメン・西区観音町)~これは旨い~

「すずめ」を受け継いだ「めじろ」が平和大通り沿いに移転し、店名を新たにオープン。 『一ノ口十ノ口(いちのくち じゅうのくち)』という、ちょっと変わった名前。 何を意味しているんでしょうか。 店の手前側は、広々とした通路を挟んでテーブル席を配置。中ほどにはカウンター席、奥に厨房というレイアウト。 カウンター席の正面には目を引く真っ赤な壁紙。上を見上げるとトタン屋根とかさがついた電球が。 モダンとレト...

めん長州(食堂・佐伯区海老山町)

新店と老舗、どちらを先に行くか? これはなかなか悩ましい問題です。 新店は軌道に乗らなかったら閉店してしまう。 老舗は健康上の理由などで閉店してしまう。 いずれにせよ、閉店するまでに行っておかないと、後悔先に立たずになっちゃいます。 この問題、僕はほとんどのケースで老舗から先に行くようにしています。 味・店の雰囲気・客層など、長く続いている理由って何だろう? そこに興味があるんです。 今回訪れた『...

みこし鶴一2(居酒屋・西区横川町)~10年のブランク~

初めて訪れたのは、10年も前のこと。 キレイに改装されるなんて、夢にも思っていなかった頃。 古いというか、風情があるというか、いい雰囲気の横川ガード下に店があったんでした。 電車のガタンゴトンという通過音と、店の雰囲気がアンマッチ。 何だか面白い空間。 2軒目に立ち寄ったので、少し変わったお酒と旨いアテを2品程いただいたんでした。 懐かしい。 ガード下の改装に伴う移転で、『みこし鶴一』は、横川駅...

ひで(お好み焼き・西区横川町)

「あ、ここお好み焼き屋さんになったんだ。」 横川シネマがある通り。 「恵」というスタンドがあった場所。 新しい店の名前は『ひで』。 当たり前だけど、真新しい店内。 鉄板前に5席とテーブルが5卓ほどだったかな。 動きがしっくり来ていない店員がばたつく場面を目にするけど、それも今だけの光景かも。 少し経って持ってきたメニューを見ると、肉玉そばが800円と強気の価格設定。 とは言え、「得@横川」「「お父...