大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

家で飲んだ日本酒:醍醐のしずく/肴レシピ:ジンジャーポークカレー

先日飲んだ香取が旨かったので、別バージョンの醍醐のしずくを飲んでみました。 香取は純米の生もと。 醍醐のしずくは菩提もと。 さてさて、どんな感じなんでしょうか。 何だか変わった香り。 含むと、葡萄の様な醇な酸味、最後にグッと渋みが。 二杯、三杯と重ねていくと、この酸味は乳酸発酵由来だと分かってきますね。 このお酒のおかげかどうか分かりませんが、最近乳酸発酵がマイブームでして、ザワークラウトや柴漬けを...

家で飲んだ日本酒:長門峡/肴レシピ:サワラのバジスコマリネ

長門峡は山口県萩市のお酒。 近所で買えることを知ったので、久し振りに飲んでみることにしました。 スペックは、あらばしり特別純米辛口。 何だか旨そうな字面ですが、さてさて、どんなお酒なんでしょうか。 開栓直後に驚いたのは、その香り。 ブンブン香るタイプ。 そこからイメージした通り、メロンジュースのようなお酒です。 フルボディで、香りブンブンで、コク甘。 やばい、このタイプ苦手なのに(苦笑 開栓3日...

家で飲んだ日本酒:天の戸じゃごたろ/肴レシピ:ラムの串焼き

近所の石川酒店で、妻が「エイヤ!」と買ったお酒。 天の戸というと薄にごりの「SHILKY」のイメージが強いんですが、このお酒はそうでもなさそう。 だって、このラベルですよ(笑 荒々しい濁りを想像してしまいますが、どんな感じだったんでしょうか。 開栓注意とあるので、慎重に。 お酒が上がってこないことを確認して、もう少しキャップをひねる。 うん、大丈夫そう。 一気にキャップをひねって、開栓いたしました。 ...

家で飲んだ日本酒:天寶一TYPE P/肴レシピ:うなぎの肝

一昨年辺りから、飲む機会が増えた天寶一。 近所の石川酒店に限定物が入ることがあり、今回飲んだ「TYPE P」もそのひとつなんです。 裏書によると責めを瓶詰めした商品なんだとか。 これ、以前飲んだ山田錦純米吟醸生責めと同じお酒かなと思うんですが、美味しいので、また紹介しちゃいます(笑 天寶一らしい香りは、うっすらと。 含むと、少しのまったり感に続き、心地よい酸、らしい旨味。 後口には少しの渋みが。 必要...

家で飲んだ日本酒:石鎚 純米無濾過

ソフトオープン中の「ジ・アウトレット」に行った際、お酒売り場で見つけて購入。 イオン系のお酒売り場は、定価よりも高く販売されている事があるんですが、石鎚は大丈夫でした(笑 「ワイングラスで飲んでおいしい日本酒アワード2018 最高金賞」というこのお酒。 どんな感じなんでしょうか、冷蔵庫から出したてを開栓です。 穏やかながらも、ボリュームを感じさせる香り。 含むと、芯はしっかりとしていて、まとう...