大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

カーヴ・ド・ヴァン柿さか(フランス料理・牛田本町)

Category飲食店訪問


H26年のクリスマスはお寿司だったので、H27年はイタリアンかフレンチか。

とか言ってたら、妻がお店を見つけてきてくれまして。





開店から20年以上経つフランス料理店『カーヴ・ド・ヴァン柿さか』。

牛田本町の古い分譲マンションに店を構えていて、隣は名店の誉れ高き日本料理の「喜多丘(未訪)」です。





道路から一段下がった所にお店があるようですね。



後から分かった事ですが、道路から見えていた席は僕たちが座る予定の席だったという(笑)。





10段ほどある階段を下りた脇に店の入口が。



中に入ると、中央に先客6名が陣取り、その手前の正方形の机に案内されました。







シャンパンを注文した後、落ち着いて店内を眺めると、ダークな床に白い天井、壁にはレンガ。

どちらかというと重厚感のある造りで、クラシカルな雰囲気が良いですね。







シャンパンで乾杯したところで、クリスマスコースのスタートです。





まずは、小さなシューが登場。



中身は、甘く煮た林檎と軽いコクのフォアグラです。

この組み合わせって、案外合うんですね。

シュー生地の香りもいいし、面白くも旨い一品でした。





ごぼうのスープ。



ごぼうの風味は強めですが、ミルクとコンソメはとても軽め。

それでも物足りなさを感じないのは、流石だなぁ。





パン2種。



奥はライムとヘーゼルナッツのパン。

手前は自家酵母のパン。

ライムっぽさは分かりませんでしたけど、どちらも旨いパンでした。





続いては、シェフ自らがサーヴ。



スモークサーモンを使った一皿でして、白い泡はオリーブオイルという説明でした。

泡の下には、表面をスモークした厚切りサーモンに、キャビア。

傍には香草。

そして、帆立のわさび和えも隠れています。

サーモンは、塩は弱く薫香強め。

そこにわさび和えや香草を乗せて食べると、味のメリハリが付いてなかなか旨かったです。





赤ワインはボトルで注文。



よく分からないので、そんなに高くないのをおまかせで(笑)。





猪ロースのほうば焼き。



猪は安芸高田市で採れたもの。

ソースは、岡山の山羊のミルクと柚子胡椒という説明でした。

猪だけ食べてみると、さくっとした歯応えで、脂が旨いこと旨いこと!

そして、はちみつで下味付けられたようでして、この甘さが肉と合いますね。





ソースは柚子胡椒強め。これは脂との相性が良いと思います。

そして、ほうばの脇に添えられたカシス。

猪に付けていただいてみると、独特の酸味と猪の香りが合うんですよ。

これも面白い!





鱸と海老。



肉厚の鱸を香ばしく焼き、食感はほわっと。

鱸の味が濃い上に、ここにきて塩をガツンと効かせてあるので、コースの中でのメリハリが付いてよかったように感じました。

ソースは白トリュフと言われましたが、そもそもトリュフの経験がほぼ0なので、どの辺りがトリュフなのか分からず仕舞いという(苦笑)。





口直しには、柚子のシャーベット。



これ、柚子全開で旨かった!





さて続いては。



パイ包み焼き!

中身はハトと牛タン、赤身肉はシャラン鴨と言われたかな?





パイ生地自体は華やかなバターの旨味が感じられて、それ単体でも十分に旨いです。

タンはサイコロ状の柔らかい塊で使われていて、ペースト部分は肉肉しさ溢れ、ハンバーグ的。

鳩はペースト部分に使われていたのかな?

それ自体食べるのが初めてなので、これまた分からず仕舞い(苦笑)。

鳩のように滅多に口にしない食材は、一度はそのままの状態で食べておかないとダメですね。





赤身肉は流石の火入れ。

自分でも厚切り肉を焼くので、その違いにハッとさせられますよ。

表面は香ばしいし、中は柔らかいし。

これはかなり旨いです。





ワインが少し余っていたので、ブルーチーズとパンを。



これ、ワインよりも竹鶴の燗でしょ(笑)。





デザートは、ラフランスのコンポート・カシスのムース・ピスタチオのアイス。

白いのはホワイトチョコでした。







ラストは、むかごのコンフィとチョコレート。



ここでむかごを持ってくる面白さよ(笑)。

むかごのほっくり感と少しの苦味が案外いい口直しになりますし、その後に食べるチョコの苦味と甘さを引き立ててくれました。





味がいいことはもちろんの事、食材の組み合わせの面白さや出す順番(特にむかご)がとても新鮮で、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

残念なのは、シェフ以外のスタッフが少し弱い点でしょうか。





これを機会に、もう少しフランス料理を食べ込んでみたいなぁ。

ごちそうさまでした!!!!

(2015.12)



■お店のデータ
カーヴ・ド・ヴァン柿さか
広島市東区牛田本町3-2-20
0822285676
11:30~15:00
17:00~22:00
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。



関連記事










広島グルメ 食べ歩き フレンチ

0 Comments

Post a comment