大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

石亭(旅館・廿日市市)

Category飲食店訪問


-よく頑張りました-





短期間とはいえお疲れさま。

と言うことで、妻の慰労を『石亭』で。

石亭 飾り





先付は穴子づくし。

石亭 先付

白焼きと西京焼き、天ぷら、刺身。





刺身は分かりにくいので、白髪ネギをよけてから寄ってみましょう。

石亭 穴子刺身

すりゴマとしょうゆをまぶした刺身に雲丹を乗せ、針のように細い海苔も。





程よい漬け具合の西京焼きやほっこりと旨い天ぷら、雲丹の甘味も加わった刺身など、流石の旨さです。

食前酒として出された蔵楽@西條鶴がするっとなくなります。





椀物は、お吸い物。

石亭 吸い物

蓋を開けたとたん立ち上がる早松茸の香り。

思わずニンマリしてしまいます。

少し塩っぱい一夜干し、穏やかに旨い卵豆腐。

吸い地は出汁感ありつつも穏やかな味付けで、これらの引き立て役に回っています。





お造りはふた皿。

石亭 刺し盛り





左の皿は、蓮の葉(かな?)の上にタイラギ・烏賊・鯛・小鰯の四種盛りを。

右の皿は虎魚の薄造り。

石亭 刺身

石亭 オコゼ刺身

どれももちろん旨いんですけど、この中では若干飴色がかった鯛が抜きん出た旨さでした。





八寸。

石亭 八寸

トマト出汁の素麺・赤鶏ブルスケッタ・イサキの棒寿司・無花果の生ハム巻き・貝のすり身の揚げ春巻き・タコの柔らか煮・里芋の煮物・白瓜と椎茸の白酢和え・鯛とつるむらさきのおひたし・南瓜寄せの鬼灯盛り。

素麺は冷えすぎておらず、トマトの軽いテイストが印象的。

見た目通り確実に旨いタコ。

少し癖の有るつるむらさきは、石亭にかかれば穏やかな一品に。





お酒が次々空になっていきます。

石亭 日本酒





箸休には、鴨の飯蒸しが登場。

石亭 鴨飯蒸し

濃い目の鰹出汁に鴨の旨味がじゅんわりと染み出て、鴨の脂で食べ応えをプラス。

これ、箸は休まるけど杯が止まりません。





焼物は、牛ひれ肉のサイコロステーキとカマスの香り焼き。

石亭 肉とかます

バターで香りを出したひれ肉は、適度に脂が乗っていて旨いですね。

ワサビでどうぞと言われた理由がよく分かります。





添えられている野菜も一工夫あり。

万願寺は出汁感満載の焼き浸し。

とうもろこしは芯をくりぬいて、すり身を詰めて。

カマスよりもお野菜のほうが印象に残るひと皿でした。





酢の物として出てきた鱧。

石亭 はも

黄身酢と梅肉でさっぱりと。





食事には、穴子飯・赤出汁・漬物が登場。

石亭 穴子ご飯など





カリッと香ばしく焼けた穴子。

これが旨いこと旨いこと。





赤出汁は虎魚のアラで。

ヒレの皮に吸い付き、夢中でしゃぶる。

これも旨い。





水菓子。

石亭 デザート

紅茶のシャーベット。

その下の白いのは、本和歌(ほんわか)糖。

周りには、リンゴのコンポートにオレンジとスイカ。

本和歌糖は初めて食べましたが、上品な甘さは控えめで粒子がさらさら。

これ旨いなぁ。





お腹がはちきれそうで、これじゃ朝食無理!と思ったんですけど、目の前にすると食べてしまうという(苦笑

石亭 朝食





おなかも心も満たされる、素晴らしい料理群。

いいもの食べました。

またがんばりましょ。

ごちそうさまでした!!!

(2017.8)



■お店のデータ
石亭
廿日市市宮浜温泉3-5-27
0829550601
チェックイン15:20
チェックアウト10:20
定休日:なし
公式サイトあり


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 和食

0 Comments

Post a comment