大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

健美堂(イタリア料理・東広島市)

Category飲食店訪問


-カムバック-





以前より噂には聞いておりました。

初代もんごいの店主(正確には、ねぶかラーメンMONGOIの店長?)が東広島で店を構えたと。

そこは「サーレ・エ・ペペ」というイタリア料理店でして「ラーメンじゃないんか~い!」と一人突っ込みを入れたのは、今から1年半ほど前の事だったでしょうか。

そして、昼だけラーメンの提供を始めたとの情報も。

この度の盆休みを利用してようやくの訪問ですが、さてさて、どんなラーメンが出てくるんでしょうか。





お店の場所は、広島大学の北側。

メインの通りからは1本入っていますので、見つけにくいかもしれません。

健美堂 外観

幟旗やメニューがなければ、ラーメン屋さんがあるとは気付かない外観。

それもそのはずで、店自体は通路を進んだ奥にあるわけです。

健美堂 入口

健美堂 看板





店内は木を多用した作りで、僕たちが座ったカウンターも何だかオシャレ。

健美堂 店内

健美堂 カウンター





メニューです。

健美堂 メニュー

健美堂 メニュー2

これら以外にも期間限定ラーメンがリリースされていました。

健美堂 メニュー3

健美堂 メニュー4





「初めての店に来たらノーマルメニューよね」と分かっていたものの、辛いメニューをみたら心が動いてしまいました。

僕は赤金柳麺を激辛で注文。

妻は、白金豚骨塩柳麺に白ねぎとスプラウトにんにくをトッピング。





まずは僕のほうから。

健美堂 赤金柳麺

真っ赤なスープに赤黒い麻婆豆腐が乗り、生ニラと白ねぎが彩りをプラス。

どろりとしたスープは力強いベースに支えられているニュアンスはあるものの、辛いので詳細が判別できず。

とは言え、セブンイレブンで販売されている「蒙古タンメン中本」ほど辛くありません。

そして、食べ進めているとスープの中に溶き卵を発見。

酸味も感じたので酸辣湯麺っぽさも出しているのかも。





麺は、ひねりの入った太麺。

健美堂 赤金柳麺の麺

ぷりっとしていなかったので、加水はそんなに高くないのかなと感じました。





白ご飯があればスープまでしっかりと楽しめるんですが、この日は少し遅い昼食だったので、我慢してしまいました。

もったいなかったかなぁ(苦笑





妻が頼んだ豚骨。

健美堂 白金豚骨塩柳麺

これは見るからに旨そうなオーラが出ています。

さらりと入ってくるスープ。

豚骨の旨味と香りは上品で、ほんのりと甘味もあり。

これは旨いですよ。

「YOBIMODOSHI(呼び戻し)」というテールネームが付いていたので、もっとコッテリかなと思いきや、旨味とキレが共存するスープに驚きました。

麺は、赤金と共通の太麺。

豚骨と太麺でも全く違和感ないですね。





あ、そうそう。

テボから麺を取り出す時に、箸ではなくパスタ用のトングが使われていました。

イタリア料理店が出すラーメンなので、そういう使い方もありですね(笑





牛骨やしじみもすぐにでも食べてみたい。

そう思えるお店に出会えて嬉しいお盆休みでした。

ごちそうさまでした!!!

(2017.8)



■お店のデータ
健美堂
東広島市西条下見6-11-8
0824307775
11:00~15:00
定休日:毎週水曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ ラーメン

0 Comments

Post a comment