大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

家で飲んだ日本酒:笑四季さようなら上撰記念

Category日本酒


僕の好きな笑四季酒造がアル添の醸造をやめるらしく、それを記念して発売されたのが「上撰さようなら記念」。

2015年3月に偶然訪れた呉市内の酒屋で購入し、ちびちびと飲み続けてみました。

笑四季 上撰さよなら






開栓初日。

香りからは、軽い熟成感が感じられます。

後口は甘く、ボリュームのある味わい。

甘さが舌に残るので飲み続けるにはしんどいかなぁ。





開栓から一週間。

辛さも出てきましたが、やはり少し重たいかな。

試しにソーダで割ると、軽い甘みと軽い熟成感でまずまず旨くなりました。





開栓一ヶ月半。

55度まで温めてみたら、良い感じにほの甘くて、これはなかなか旨いなぁ。

温度が下がってくると、甘さが増してきます。





開栓半年後。

少し熟成が進み、酸が出てきました。

最初の香りには甘さがあるけど、随分旨くなったと思います。





開栓一年半後。

軽い熟成香、コクもあり酸もあり。

今がピークだと思えるほどの旨さ。





残り1合になったところで、1合とっくりに移し変えて冷蔵保存することに。





開栓3年後。

開栓時に感じた甘さは健在で、後口に渋みが残ります。

これが最後の一合だと思うと少し寂しいですが、3年も楽しむことができたので、とても満足しています。






評価:★★


■醸造元
笑四季酒造
滋賀県甲賀市水口町本町1-7-8


■本酒のデータ
精米歩合:不明
アルコール度数:15.8%
使用米:不明
価格:1,944円


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。






関連記事










日本酒ブログ 笑四季 さようなら上撰記念

2 Comments

いけひろ  

上撰クラスのアル添酒

いつも楽しく読ませていただいています。
笑四季のさよなら上撰は、気にはなっていたけど、縁も無いまま忘却コースのお酒でしたので、尚更興味深く読ませて頂きました。

日常向け、非マニア向けの、「上撰」等の地味なお酒の熟成化は、結構好きなんです。だけども、「そんなニーズはあまり無いんだろうなぁ…」とか思いながら、玉櫻の上撰の3年ものとか、思い出した時にちょっとだけ飲んでいます。

熟成が進んでも、あくまでカジュアルなキャラクターを保つ感じが好きなトコロです。

2018/06/04 (Mon) 03:32 | EDIT | REPLY |   

oomin  

いけひろさんへ

コメントありがとうございます。

この記事に反応する方がいて、ちょっと嬉しいです。

玉櫻の上撰は、あのクラスにしては無敵に旨いと思っていて、熟成させようが何しようが、旨いと思いますよ。

蔵に伺ったとき、純米推しされましたが、紙のワンカップ=上撰を買って帰ったのがいい思い出です(笑

2018/06/04 (Mon) 22:26 | REPLY |   

Post a comment