大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

家で飲んだ日本酒:伝心純米原酒/肴レシピ:鶏皮ポン酢

Category日本酒


以前、本醸造を飲んだときはまずまずの印象だった伝心。

今回は生詰の純米原酒を味わってみることに。

一本義 瓶

一本義 表ラベル
※巻かれた紙を取ったところ。





香りは、ほぼなし。

旨味はグッと乗っていて、のどの入口辺りをピリリと刺激する辛さもあり。

切れもなかなか良いですね。

しかし、濃く強い酒ですので、杯を重ねると疲れを感じ始めます。

初日は半分飲んだところで冷蔵庫へ。





これと合わせたのは、鶏皮ポン酢。

一本義 鶏皮ポン酢

我が家では、「揚げ焼き」と「茹で」の2タイプ作るんですが、今回は「揚げ焼き」のほうで。

皮目を下にしてフライパンに敷き詰め、弱火でじっくりと火を通していきます。

脂が出てきますので、それを利用してこんがりと揚げるように焼いていきましょう。

最後だけ火を強めてカリッとさせますが、慣れないうちは焦がさないように気をつけて下さいね。

ポン酢は6:4くらいの割合で出汁と割ります。

このままだと色合い的に寂しいので、ブロッコリーのスプラウトで飾りを。

青ねぎやシソでも良いと思います。





さて、お酒の方は開栓1週間後。

全体的にスリムになりました。

旨味がしっかりとある、飲みやすいお酒。

これなら疲れることはないでしょう。

一升瓶を買ってゆっくり飲むと、もう少し変化がありそうですね。



■本酒のデータ
醸造元:一本儀久保本店(福井県勝山市)
精米歩合:65%
アルコール度数:18度台
使用米:越の雫
価格:1,404円
評価:★★


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。

関連記事










日本酒ブログ 一本義

0 Comments

Post a comment