大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

時記(中国料理・中区東千田町)

Category飲食店訪問


今回訪れたのは、御幸橋のたもとにある『時記(とき)』というお店。

時記 外観

外に張り出してある「麻婆丼390円」は非常にインパクトがあり、それ目当てで入ってみようかなと思わせてくれます。






店内はやや暗めで、どことなくアジアの屋台っぽい雰囲気。

時記 店内

とは言え、アジアの屋台行ったことないんですけどね(苦笑

客席はカウンターに10席程と座敷に4卓あって、30名は入れそう。

男性メインの客層ではありますが、近くで働いている女性客もちらほらと。





メニューです。

時記 メニュー

時記 メニュー2

トビキリ安いのが麻婆丼390円と汁なし担々うどん290円。

その他の単品や定食は一般的な価格設定かなと。





注文したのは、ラーメンセットのハーフチャーハン。

しばし待った後、ハーフチャーハンの登場です。

時記 ハーフチャーハン

やや盛りが少なめ。

しっとりウェットタイプのチャーハンは、油がしっかりと回っていて、なかなかの旨さ。

できたて熱々なのも嬉しいですよね。





ラーメン。

時記 ラーメン
※おっと、丼が(笑

透明感があって、色は濃いカラメル。

ベースはすっきりとしていて、後に引く甘さが印象的です。

砂糖や味醂の甘さだと僕は苦手なんですけど、ここのは大丈夫。

むしろ好ましく感じるので、野菜から出た甘味なのかなぁ。





具材は、もやし・メンマ・きぬさや・チャーシュー・白ねぎ・白ごま。

この中では、彩り目的とは言えきぬさやが珍しいですよね。





麺は細めで四角麺。

茹で加減は普通の固さでした。

時記 麺





ラーメン単品が500円でセットだと750円。

ということは、ハーフチャーハンが250円。

そう思うと、ちょっと量が少ないかなと。

しかし、750円のラーメンセットと考えると不満無し。

下手な計算はしないほうが幸せなのかもしれません(笑





これにて、広電本社界隈の4つの中華料理屋さん全てを訪れることができました。

今のところ『時記』が一番惹きがあります。

隣で食べてた麻婆丼の山椒の香りが良かったんですよ。

次、試してみなくては。

ごちそうさまでした!!

(2017.12)


■お店のデータ
時記
広島市中区千田町3-11-7
0822497260
11:30~14:00
17:30~23:30
定休日:日曜日


■時記の訪問記
時記2(2018.2)
時記3(2018.4)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。

関連記事










広島グルメ 食べ歩き 中華料理

0 Comments

Post a comment