大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

おそらゆき(カフェ・佐伯区湯来町)

Category飲食店訪問


佐伯区湯来町。

「広島のチベット」と呼ぶ人もいる町。

気温は低く、雪が多く、標高が高い。

チベットっぽいといえば、チベットっぽいのかな(笑

そんな湯来町に住む友人をして「チベットの中のチベット」と言わせる場所で営業しているお店。

それが、今回訪れた『おそらゆき』です。





お店があるのは、人口100人未満・高齢化率70%以上の限界集落「上多田集落」。

おそらゆき 外観

おそらゆき 看板

野生の猿や雉がのんびりと道路を歩く集落で、時が止まったかのような空気感があります。





店内は木を多用した造りで、消防団の屯所を改修されたとのこと。

おそらゆき 店内

おそらゆき 店内

おそらゆき 店内3

お店の切り盛りは、おふたりの女性にて。





メニューです。

おそらゆき メニュー

おそらゆき メニュー2

おそらゆき メニュー3

こういう字やイラストを書く人は、大体がお料理上手なんですよね。

これは楽しみ。





週末はカレーなども出しているそうですが、平日はおむすびとだんご汁とおかずのセットだけ。

さてさて、どんな料理が出てくるんでしょうか~





おそらゆき ランチ

華がある盛り付け。

色合いがとてもキレイですね。





食べる前に料理内容についての説明がありまして、内容は以下の通り。

酒粕ドレッシングのサラダ・手作りコロッケ・猪肉のグラタン・蓮根の豆乳和え・ひじき・ハナッコリーとしめじの柚子胡椒合え・ナスの揚げびたし・赤米のおむすび・土筆の佃煮・梅肉・たくわん・酢牛蒡。

穏やかな味付けで、素材の味で勝負!なのかと思いきや、結構くっきりと味付けされています。

しかも、どれを食べても旨いではありませんか。

そんな中、酒粕ドレッシングの酸味と柚子胡椒・おむすびの塩気が特に印象に残りました。

次点は、深い味のひじき。

後味の切れが良く、なかなかの旨さ。

口の中でお米がはらっとほどけるおむすびも、素晴らしかったです。





自慢のだんご汁。

おそらゆき だんご汁

塩と野菜だけで作られているそうで、出汁も水も不使用。

それなのに、この旨さはなんと言うことでしょうか。

重ね煮という調理方法で作られたんだそうです。

家でまねてみようかなぁ。





食後のおやつは、豆腐で作ったガトーショコラ。

おそらゆき おやつ

ほろ苦くて旨い。





こちらの料理は、マクロビではないけれど小麦粉・砂糖などはなるべく使わないヘルシー路線がコンセプトとのこと。

そういえば、グラタンのホワイトソースは米粉で作ったと説明があったなぁ。





ハキハキとした接客も良く、とても気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。

オススメです。

ごちそうさまでした!!!!

(2018.4)



■お店のデータ
おそらゆき
広島市佐伯区湯来町大字多田599
0829850855
11:00~17:00
定休日:月・火 ※冬季は一定期間休業


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。


関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ カフェ

2 Comments

くりちゃん  

ここ、すんごい田舎なんですよね~
頑張ってる若い人たちがいると
田舎も元気がでるものでしょうね。

湯来のトンネルも開通したことだし
私も行ってみようと思います♪

お酒好きのoominさんが
時々かわいいカフェに出没するのが
なんだかおもしろくて・・・笑

2018/06/04 (Mon) 18:07 | REPLY |   

oomin  

くりちゃんさんへ

トンネル出来ても、その先の道狭いですよ。

離合不可(笑

でも、行く価値あります。


美味しいと聞けば、オシャレだろうと汚かろうと行くのがポリシーなんです。

ご存知だとは思いますけど(笑

2018/06/04 (Mon) 22:22 | REPLY |   

Post a comment