大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

麺屋台我馬14(ラーメン・中区紙屋町)

Category飲食店訪問


中町から移転後、初めての訪問。

フラワーフェスティバル最終日の昼酒を楽しみに。







訪れたのは、お昼過ぎのピークタイム。

ウェイティングスペースには多くの待ち客がいて、30分は待つだろうなと思われます。

ま、気長に待ちましょう。





木の露出が多い店内は、ところどころタイルなども使われていて、とても清潔感のある空間。

我馬 店内
我馬 店内2





待ち時間に、ふとメニューブックを見ると、だし茶ラーメンという新メニューを発見。

この日は、生ビールをグイッと煽る予定なので赤うまに決めていたんですが、見てしまったからには仕方ない(笑





我馬 だし茶ラーメン

早々に登場しただし茶ラーメンは、炙った鶏チャーシュー・白ねぎ・かいわれ・海苔・あられが具材として確認できます。

薄にごりのスープは、乾物系の風味と鶏由来の旨味がしっかりと。

余韻には甘さも感じられ、まずまず旨いのではないでしょうか。





麺はやや透明感があって、表面はつるっと。

我馬 麺

説明書きによると昆布茶が練りこまれているとのことでしたが、僕にはよく分かりませんでした。





一緒に出て来たわさびソースとしば漬け。

我馬 ワサビソース

わさびソースをひと舐めした時点では、らしい風味と辛さがあるなぁと思っていましたが、スープに入れると存在感は薄まってしまいました。

味変アイテムとしては、ちょっと弱いかもしれません。





店から勧められた追い飯はせず、もやチャーでビールを煽ることに。

我馬 ビール
我馬 もやちゃー

もやチャーって、茹でたもやしにチャーシュー乗せて、タレがかかっているものという認識で注文。

出てきたのは、ほぐしたチャーシューともやし・ニラの炒め物。

そうか、こう来たか(笑





あ、そうそう。

料理が旨いのはもちろんなんですが、それよりも感心したのはオペレーションです。

広めのウエィティングスペースにおいては、入店客は待ち客のリストを見て、待つか帰るか自身で判断します。

店員がその都度対応する手間が省けるのは大きいですよね。

レジでの精算に使われているのは、バーコード付きの伝票。

読み取るだけで金額が表示させるし、おつりは機械から自動で出てくる。

ここでもいくつかの手間を省いています。

箱の大きさと比べるとスタッフが2名足りないかなと思いましたが、滞りなくキレイに回っていました。

スタッフ間の連携や持ち場のチェンジも素晴らしく、色々な要素が重なってスムーズな運営ができているんだと思います。





ラーメン自体はちょっと不完全燃焼だったのが心残りなんですけどね(苦笑

ごちそうさまでした!!

(2018.5)



■麺屋台我馬の訪問記
麺屋台我馬(2010.6)
麺屋台我馬2(2012.4)
麺屋台我馬3(2012.7)
麺屋台我馬4(2012.11)
麺屋台我馬5(2013.7)
麺屋台我馬6(2013.7)
麺屋台我馬7(2013.10)
麺屋台我馬8(2014.1)
麺屋台我馬9(2014.5)
麺屋台我馬10(2014.8)
麺屋台我馬11(2014.10)
麺屋台我馬12(2015.1)
麺屋台我馬13(2015.4)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。




関連記事










広島グルメ 食べ歩き ラーメン

0 Comments

Post a comment