大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

みやじま達磨(蕎麦・廿日市市)

Category飲食店訪問


「蕎麦は馬鹿舌」を自認してはいますが、色々と観察しながら場数を踏んでいけば、何とか普通レベルにならないでしょうか。

そんな思いを秘めながら向かった先は、『みやじま達磨』。

かつて、北広島町で蕎麦を打っていた高橋邦弘氏の一門「翁達磨」に属しているらしく、全国に40店ほどある内の一つなんだとか。





お店の場所は、大野町の再開発エリアの一角。

キレイに区画整理された街並みに溶け込むような佇まいの建物。

駐車場はお店の前と隣の区画に10台程度はあったと思います。

みやじま達磨 外観
みやじま達磨 看板
みやじま達磨 入口

「これ建てたのはSかなDかな」等という野暮な事を考えながら、店内に足を踏み入れてみました。





客席は、カウンター・テーブル・座敷の3種類。

この内、座敷だけは壁に仕切られた奥に配置されています。

みやじま達磨 店内

ホールを取り仕切るのは、僕よりも年上の女性。

この方のご主人がご店主なのかな?





そばのメニューは温かいのと冷たいのがあって、店員さんからは「鴨がとてもおいしいので、鴨せいろがオススメです」とのアナウンスが。

みやじま達磨 メニュー
みやじま達磨 メニュー2

ちょっと悩んだ結果、僕は鴨南蛮を。

妻と母は鴨せいろを注文することに。

食後の楽しみとして、そば茶アイスもお願いしてみました。





注文から少し経ちまして、まずは鴨南蛮の登場です。

みやじま達磨 鴨南蛮

ほんのりピンクの鴨ロースが4枚、つくね2つ、タテに細い白ねぎ。

丼のほとんどが覆われていて、隙間からチラッと見えるのは白っぽい蕎麦。





一口目は、キンと効いた鰹の酸味の後に、丸くて穏やかなツユの姿が。

後口の塩気も目立っていますが、塩っぱいのではなく、ミネラルのニュアンスですかね。





そばは平たく、ムニッとした食感ながらアルデンテな茹で上がり。

みやじま達磨 そば

ここで香りや味に言及できたら格好良いんですけどね(苦笑





さて、鴨肉。

みやじま達磨 鴨肉

この鴨は味が濃いですね。

ピンクの部分には、ほんのりとレバーっぽい風味があって、独特の旨さです。

つくねからは鴨の脂の旨さが感じられ、いずれもなかなか旨いではありませんか。

お好みでと言われた柚子胡椒は、鮮烈な辛さがいいですね。

瓶詰めのものが販売されていたので買って帰っちゃいましたよ(笑





デザートのそば茶アイス。

これは絶品!

みやじま達磨 そば茶アイス

使われているミルクの旨さもさることながら、そばの香りがたまりません。

そばの実はアイスの中に使われていたり、上から振りかけられていたり。

これが250円とは、嬉しいなぁ。





妻が頼んだ鴨せいろ。

一口もらってビックリしました。

つゆが旨いこと旨いこと。

鴨の脂が移っている事もありますけど、かえしの存在感が圧倒的です。

ここは冷たいのが正解だったかもしれません。




あ、そうそう。

こちらのご店主、僕と同い年ということが判明しました。

ビックリ(笑





最近の2年間は、温かい蕎麦ばかり食べてきましたが、冷たいほうが個性がわかりやすいのかもと感じております。

もう少し量があってお安ければ頻繁に行くんだけどなぁ(苦笑

ごちそうさまでした!!!

(2018.5)



■お店のデータ
みやじま達磨
廿日市市大野中央4-5-20
0829543220
11:00~16:00
定休日:月曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。



関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 蕎麦

0 Comments

Post a comment