大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

梅もと別館(日本料理・中区銀山町) ~鰻胡巻~

Category飲食店訪問


※2019年3月閉店確認

お昼の雅御前の中では、ご飯物として出てきた鰻胡巻がイチオシです。

梅もと別館 鰻胡巻

しっとり柔らかい海苔。

主張の強くない寿司飯。

ふんわりとした鰻。

調和の取れた巻物を赤出汁とガリで食べ進めます。

これは、なかなか旨いなぁ。





その他のお料理ですが、最初に出てきたのは黄身酢かけ。

梅もと別館 黄身酢かけ

金糸瓜とじゅんさい、青海苔らしき海藻類、飾りにいくらおくら。

穏やかな酢の物で、スターターには最適ですね。





お造りは、鱧湯引きと鯛の糸造り。

梅もと別館 お造り

風味のある鱧。

柔らかくて味のある鯛。

少し塩気の強いお醤油は、梅肉と山葵が入ってるのかな。





続いては鍋物。

梅もと別館 お鍋

献立には早松常夜鍋とありますから、松茸が出てくるんですね。

梅もと別館 早松常夜鍋

小さいながらもスライスの松茸が二枚。

なんと言っても香りが良いですね。

そして、ほうれん草と豚肉も入ってる。

そうか、常夜鍋ですものね(笑

結構な濃さのツユも印象に残りました。





焼物として出てきたのは焼き八寸。

梅もと別館 焼き八寸

奥の味玉がいい味してる。

もっさりとしたカラスミが二つ、瓢箪型の大根と共に。

きゅうりに乗ったもろみ味噌の旨いこと。

甘すぎないし、醤油っぽい風味があるのもいいですね。

すり身とトウモロコシ、鰻、枝豆も旨い。

皮がするっと取れる里芋も旨い。

お酒欲しくなるよねぇ(笑





長芋巻き天はベーコンが巻いてあります。

梅もと別館 山芋天ぷら

いい揚げ具合で、山芋が柔らかい。





デザートは、有の実の甲州煮。

梅もと別館 有の実甲州煮

梨のコンポートかなと思ったら、ちょっと違ったみたいです。

有の実=梨。

甲州煮はワイン煮らしく、白ワインで煮てレモンの酸味と苦味を移していますね。

甘さ控えめなところにレモンのほろ苦さが効いて、いいデザートではないでしょうか。

一人3000円位のコースですけど、満足できました。





お店の場所は、弥生町通り沿い。

梅もと別館 外観

鉄人酒家」の隣ですので、それなりに夜の店に詳しい人ならピンと来るでしょう。

梅もと別館 入口

わりと格式もあるし、オフィシャルな会合にも使えそう。

梅もと別館 一階

そう思い、お盆の少し前に、久々の両家の集いの場として利用しましたが、一様に満足してくれているようでした。

梅もと別館 室内

良かった良かった。

ごちそうさまでした!!!

(2018.8)



■お店のデータ
梅もと別館
広島市中区銀山町10-4
0822473315
11:30~14:30
16:30~22:30
※日曜は11:30~21:30
定休日:日曜以外の祝日、他の不定休あり


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 和食

0 Comments

Post a comment