大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

餃子センター2(餃子・中区流川町) ~もやし炒め~

Category飲食店訪問


餃子が500円。

もやし炒めは1,000円。

値段が倍なのは、量が多いのかハイスペックなのか。





おぉ、割と盛りがいいなぁ。

餃子センター もやし炒め

餃子センター もやし炒め2

もやしはシャキシャキ。

味付けは塩胡椒と醤油であっさり目。

そして、油が旨いですね。

ラードが良いのかな?

この量なら1,000円と言われても納得感はありますかね。




焼飯は爆盛りで600円というお値段。

餃子センター 焼飯

これ、一合はあるよね。

サービス価格だ(笑

パラパラに仕上げた焼飯。

味自体は、醤油と塩胡椒で薄味。

玉ねぎの甘さがいいじゃありませんか。

ちょっとパサパサするのが難点なので、スープ類は必須でしょう。

一緒に出てきた中華スープ(鶏がら)と合わせるとポテンシャルが引き出されます。





スープが良かったので、中華そばを追加注文。

餃子センター 中華そば

透明感のある茶系スープ。

もやし、チャーシュー、メンマでどんぶりが隠れるほど。

外周部に彩りのいいニラが何本か。

焼飯につ付いてきたスープと同じニュアンスで、鶏ガラふんわり。

油膜はラード。

強くない元ダレ。

総じて重たくないので、締めの一杯としては丁度いいですね。

麺はボソッとした細麺で、特段の印象はありませんでした。

餃子センター 中華そばの麺





今回は妻を伴っての訪問。

あの人、餃子好きなので早く行きたかったみたいでして、僕には珍しく一週間に二度も訪れてしまいました。

入店したのは18時30分頃でしたが、すぐに満席に。

外国人旅行客も滑り込みセーフで、お店の人が英語でもてなすという展開。

大将の片言の英語も面白かったです(笑

ごちそうさまでした!!!

※二軒目はラスト「天津」へ。こちらも一週間で二度目。「あら、また来たの?」と言われたのはここだけの話(笑

餃子センター 二軒目の天津のお酒

(2018.8)



■餃子センターの訪問記
餃子センター(2018.8)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。



関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 中華料理

0 Comments

Post a comment