大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

大仙(焼肉・中区舟入本町) ~真っ白ホルモン~

Category飲食店訪問


焼肉中華そば隊第5回目の会合として訪問。

この日の一番は、僕はホルモンかな。

大仙 ホルモン

白がまばゆいホルモン。

この白さは、なかなかお目にかかりません。

腸壁は薄く、クニッとした脂の甘さを楽しむのに、邪魔にならない存在感。

これは旨い。

塩でも食べてみたいけど、出来るのかなぁ。





次点はヤサキ。

大仙 ハラミなど

大振りでつるっとしたヤサキ。

とってもキレイな味わいで、思わず微笑む旨さ。

一緒に出て来た太いセンマイは、少し焦げ目が付くくらいに炙るのが、僕のお気に入り。





その他に注文した肉を順番に紹介しましょう。

まずはタンとコウネ。

大仙 タンなど

タンは少し厚みがあるタイプ。

コウネは薄く、軽く炙るだけで食べることができます。

塩焼きの下味は薄いので、好みに応じて卓上の塩を使ってください。





豚耳と白肉も塩。

大仙 豚耳など

皮目をじっくり炙って食べる豚耳。

カリッとくにっと。

旨い旨い。

白肉は柔らかくて香りよし。

大仙 焼いてる





焼肉屋さんでは珍しいなと思い、砂ずりを注文。

これも塩で。

大仙 砂ずり

中央部に切れ目を入れて、広げた状態で提供。

銀皮とビラビラはそのままで。

こりゅこりゅとした食感。

焼肉として食べるのは、ちょっと新鮮な気分です。





ガリとレバーはタレで。

大仙 ガリなど

少し叩いてあるガリは、適度な食べ応え。

レバーは、両面を炙って余熱で中に火を通します。

臭みがなく、風味は軽く。

このレバーも旨い。





牛バラ肉とハラミ。

大仙 牛バラなど

バラは脂が旨く、ハラミは旨味が濃い。





総じて脂が軽く、キレイな旨さのお肉たち。

肉の脂による、翌朝の胃もたれはなし。

こういうのが嬉しくなるお年頃です(笑





さて、ここまでは前菜。

我々の本丸は中華そばなのです(笑

大仙 中華そば

透明感の高いスープ。

沈んだ細麺。

もやし、青ねぎ、チャーシュー。

見た目から旨そうな雰囲気がありますね。





不思議なスパイシーさがあるスープ。

セロリにも似た風味。

どこかコンソメっぽくもあり。

とても惹きがあるスープで、これは旨いですよ。

ザクッと茹で上げた麺もいい。

大仙 麺





お酒は、泡がほとんどない生ビールを経由して、

大仙 生ビール

グラス並々の焼酎ロック、

大仙 焼酎ロック

この量で350円!

こうなると、中身は甲でも乙でも、どっちでも良いや(笑


そして、銘柄不明な辛口の日本酒へ。

大仙 日本酒







お店の場所は、広電「舟入本町」電停近く。

大仙 外観

人気ラーメン店「元就」の隣と書くと分かりやすいかもしれません。

大仙 のれん

店内にはテーブル2卓と座敷に3卓。

やや煙たいのが難点でしょうか。

大仙 店内






あ、そうそう。

お店のおばちゃんにツンツンした対応をされましたが、僕たちが一見客だからでしょう。

ご常連には、ニコニコ対応でしたので(苦笑

古いお店の中には、常連と一見で対応を変える店もありますし、実際にそういう経験をしてきたので、僕は気になりませんでした。

そんな中でも、何とかおばちゃんをほぐそうとトライしてみましたが、力及ばずという(苦笑

訪問の際はご留意ください。

ごちそうさまでした!!!

(2018.8)

※ひとり5,000円位だったと思います。安い!



■お店のデータ
大仙
広島市中区舟入本町12-21
0822317767
17:00頃~21:00
定休日:不明


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。




関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 焼肉

0 Comments

Post a comment