大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

うさ季2(日本料理・佐伯区千同)~母の日~

Category飲食店訪問


実母を伴って、佐伯区の『うさ季』でお昼のコース料理を。

つき出しは7品。

うさ季 前菜

白い器に入っているのは、春キャベツを敷いたホタルイカのぬた。

この他には、紀州梅入りの出汁巻き・鯛の幽庵焼き・シャコの砧巻き・アジの握り・鯛の葉わさび巻き・筍の変わり揚げ。

いずれもまずまず旨い料理でして、見た目にもキレイです。





造りは、たこ・カレイ・鯛・アジ。

うさ季 刺身

こちらのお造りは、どちらかというと柔らかめなので、歯が悪い人でも食べやすいと思います。





焼き物は、ニジマスの塩焼き。

うさ季 ニジマス

淡白ながらも旨味があるので、塩が控えめでも問題なし。

焼きたてという感じがしなかったのは、ちょっと気になるところ。





続いてのおひたしは、筍・ワカメ・ふき・湯葉・鯛の子という組み合わせ。

うさ季 若竹

鰹が前面に出た浸し地。

白く濁っているのは湯葉の影響でしょうか。

鯛の子がもう少しふんわりしていたら、なお良かったと思います。





揚げ物は、ちょっと変化球の揚げ出し。

うさ季 揚げだし

ナス・こしあぶら・鱧・山芋。

鱧はちょっと揚げすぎかな。

それ以外は美味しくいただきました。





お食事は、そら豆と新しょうがの炊き込みご飯・味噌汁・ぬか漬け。

うさ季 お食事

ご飯に乗せられた鯛の身が、僕が一番少なかったのはここだけの話(笑





デザートは牛乳豆腐。

うさ季 デザート

しっかりと固めた牛乳豆腐は確かにミルキー。

カラメルのほろ苦さとの相性は抜群です。





この日いただいたお料理は、美味しくないわけではないんですが、過去と比べると「?」が付くものもありました。

そして、もうひとつ気になったのは提供温度。

特に温かい料理で温度が低いものが多かったかなぁ。





今回はたまたまなのか、そうではないのか。

機会を作ってもう一度食べてみましょ。

ごちそうさまでした!!

(2019.5)



■うさ季の訪問記
うさ季(2017.3)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。



関連記事










広島グルメ 食べ歩き 和食

0 Comments

Post a comment