大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

春晴4(ラーメン・中区流川町)~中心部だと上位 にぼ二郎~

Category飲食店訪問


そいや、『春晴』でも二郎っぽいラーメン出してたよねと思い出し、訪問。

春晴 外観

何年振りだろう。

最近、この辺りに寄り付かなくなったからなぁ(苦笑





入ってすぐの券売機で「にぼ二郎」の食券を購入。

にんにくの有無は聞かれたので、無しで。

ついでに野菜増しでお願いしてみました。





訪れたのはお昼のピーク時だったんですが、ずーっと満席をキープする人気振りにビックリ。

ビジネス街からは少し外れているだけに、ちょっと驚きました。





丼にこんもりと盛られた野菜の山。

春晴 ニボ二郎

もやしが多くキャベツは少なめで、その上には背脂が掛かっています。

野菜増しというほど、多くは感じられませんが、無料なのでとやかくは言えません。





軽く油膜をたたえたスープは、『春晴』定番の鶏白湯。

そこに背脂を浮かせ、更なるアクセントとしてにぼし粉を沿えた感じでしょうか。

春晴 煮干し粉

油脂は多すぎず、味も強すぎず。

二郎系としての物足りなさはあるものの、バランスはいいと思います。





もやしを少し減らした上で、スープの中から麺を引っ張り出しましょう。

よいしょ。よいしょ。

春晴 麺

この手のラーメンではお約束になっている太い縮れ麺。

麺の味があるといいますか、風味がいいですね。

二郎系は麺の量が多いので、味気ない麺だと食べていてもつらいことがあるんですよ。

野菜が水っぽくないのもいいし、にぼし粉を追加投入して楽しめるのもいい。





チャーシューは厚みのあるバラ肉が2枚。

悪くないけど、この系統にしては小さめかな。





お腹が苦しくなりながらも、なんとか完食。

いやぁ、お腹いっぱいだぁ(苦笑





『春晴』と共に、中心部で二郎系を出す「くすくす」と「やま虎」。

お好きな方は3店の食べ比べしてみるといいかも。

店ごとに特長があるので面白いと思いますよ。

ごちそうさまでした!!!

(2019.7)



■春晴の訪問記
春晴(2016.7)
春晴2(2016.8)
春晴3(2016.8)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。




関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ ラーメン

0 Comments

Post a comment