大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

酔心(日本料理・南区松原町)~回転率 酔心定食~

Category飲食店訪問


先日、初めてekieダイニングに行ってきましたが、平日の昼間でも人が多いんですね。

観光客や出張で来ている人たちが多いからでしょうか、老舗やお好み焼きは待ち客が多く並んでいました。

そんな中、僕たちが利用したのは『酔心』です。

酔心 外観

夜の利用は、他の店舗で2度ほどありますけど、お昼は初めて。

さてさて、どんな感じなんでしょうか。





今回注文したのは、平日お昼限定の酔心定食1,380円。

ご飯は炊き立ての土釜飯がついて来るところを、500円ほど追加料金を出してかき釜飯に変更。

炊き上がりまで30分掛かるとのことでしたが、出来立てが食べられるのであればと思い、快諾しました。

本音を言うと、見込みで炊いているのでは?と思っていたんですけど、それは見当違いだった訳です。





酔心 酔心定食

酔心定食は、トレイの中央に置かれた鮮やかな黄色の皿には鯛とカンパチのお刺身が。

酔心 刺身

その他には、茶碗蒸し・天ぷら・ひじき・お吸い物・かき釜飯・漬物が提供されました。





かき釜飯は、大きさが中程度でふちが黒い牡蠣が5つ使われていて、細切りの油揚げと大根も確認できます。

酔心 牡蠣釜飯

ほっこりと炊き上がったご飯は、お出汁の香りがふんわりと感じられ、旨い塩気と共に牡蠣の収斂味が最後を締めてくれます。

いやはや、これは旨いなぁ。

量もたっぷりとあるし、食べていて顔がほころびます。

お刺身・天ぷら・茶碗蒸しは無難な内容だっただけに、釜飯の印象が強く残る事となりました。





妻と母は、鮭いくらの釜飯・穴子釜飯に変更。

フレッシュないくらも旨かったし、甘すぎない穴子のタレも旨かった。





季節が変われば、釜飯の内容も変わるとのこと。

夏はどうなるんだろう。

ぜひ食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2019.11)



■お店のデータ
酔心
広島市南区松原町1-2
0825675519
11:00~23:00
※釜飯は21:30まで
定休日:無休


■酔心の訪問記
酔心毘沙門店(2012.9)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 和食

0 Comments

Post a comment