大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

もう一度食べたい一品 2019

Categoryその年のBEST3


昨年までは、『もう一度行きたいBEST3』をお届けしていましたが、今年は店ではなく料理にフォーカスしてみました。

麺類・ご飯もの・定食やコース料理の一品などなど。

2019年にアップした記事の中で、もう一度食べたい料理をお届けします。





かわさき(食堂・西区福島町)のでんがくうどん

かわさき ホルモン

ホルモン天ぷらの名店が多い福島町において、まだ知られていないお店ではないでしょうか。

圧が強く、つっけんどんな対応をする女将がいますが、臆せず話せば問題なし。

肝心のでんがくうどんは、見た目通りに旨いです。

記事はこちら





くにまつ中電前店(汁なし担々麺・中区大手町)の冷やしつけ麺

くにまつ中電前店 冷やしつけ麺

中電前店限定。夏限定。

ここの冷やしつけ麺は、ザクッとした細麺とゴマ・辛・酸が見事なつけダレが絶品。

麺大盛りを強くお勧めいたします。

記事はこちら





ごっこや(居酒屋・中区小町)の焼き鯖

ごっこや 鯖

皮目がふつふつしている状態での提供。

口の中に広がる鯖の香り、いい塩梅の塩加減。

ご飯でもお酒でも、ぐいぐい進める力がある焼き鯖は、2019年一番の鯖料理でした。

記事はこちら





栄家(うどん・中区中町)のかつ丼

栄家 カツ丼2

説明不要のかつ丼の有名店。

揚げたてトンカツは煮込まず、卵とじをかけて仕上げるスタイル。

カリッとした衣も楽しめるし、食べ終わりの頃にはしっとりした衣も楽しめます。

記事はこちら





山水苑(中国料理・西区三篠町)の焼きめし定食

山水苑 焼めし

町中華からは唯一のランクイン。

近所にある「桃園」もいいけど、ここの焼きめしはどストライクでした。

しっとり、ふんわり、飲み物系。

定番的な旨さですが、この仕上がりがたまりません。

セットの汁餃子も良かった。

記事はこちら





笑福(焼肉・西区古江新町)のミックスホルモン

笑福 ミックスホルモン

出てきた瞬間、これは!と思わせてくれる見た目。

こんなの出てきたら、テンション上がっちゃいますよね。

塩で食べるミックスホルモンは、きれいな旨味と様々な食感がよかった。

記事はこちら





酔心ekie店(日本料理・南区松原町)の牡蠣釜飯

酔心 牡蠣釜飯

酔心の定番料理を舐めていました。

注文から30分以上待って出てきた牡蠣釜飯は、出汁の旨味、塩の旨味、牡蠣の収斂味がお見事。

広島名物の一つという理由がよくわかる逸品でした。

素晴らしい。

記事はこちら



ちゅうかなやま(中国料理・西区横川町)のよだれ鶏

ちゅうかなやま よだれ鶏

横川にある立ち飲み中華の料理は、食べるとハッとする旨さ。

よだれ鶏は、鶏のしっとりさ、タレの調合、胡瓜のさわやかさが良いんです。

この時はハイボールに合わせましたが、日本酒にも合わせてみたい。

記事はこちら





天よし(天ぷら・中区吉島西)の安納芋

天よし 安納芋

吉島通りにある、完全予約制の高額天ぷら店。

コースでは様々な魚介類や肉が出てくるんです。

車海老・紋甲烏賊・煮鮑・真鴨などという錚々たる面々を抑えて、最も惹きがあったのは安納芋。

あの香り。あの甘さ。

今でも鮮烈に思い出せます。

記事はこちら





宝翔(ラーメン・中区宝町)のラーメン

宝翔 ラーメン

フジグラン広島の近くにたたずむ古いラーメン屋さんでは、旨い醤油ラーメンが食べられます。

味わいはシンプル。

酸味があり、醤油が前に出たスープ。

最近の凝ったラーメンに飽きた人に、是非味わって欲しい一杯です。

記事はこちら





ほりかわ(居酒屋・中区紙屋町)の巻き寿司

ほりかわ 巻き寿司

甘めの卵と塩気のあるいくら。

弱めの力加減で巻かれた巻き寿司は、締めの一品なのにいくらでも食べられるという。

グランドメニューに載っているかどうかは確認していませんが、あれば是非。

記事はこちら





2019年もたくさんの美味しい料理が食べられました。

感謝。

ごちそうさまでした!!!!!




関連記事










1 Comments

篠原周助  

面白いですね!

2020/01/09 (Thu) 13:26 | EDIT | REPLY |   

Post a comment