大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

大将2(日本料理・西区三篠町)~夜もよかった~

Category飲食店訪問


先日出会った、『大将』の驚愕のランチ。

夜も試してみようと思い、間を開けずに訪問してみました。





メニューは壁にもあるけど、手元にも。

大将 メニュー

大将 メニュー2

料理はコースと単品があり、ドリンクは単品と2時間飲み放題(1,500円)があり。

今回は、料理単品と2時間飲み放題を組み合わせてみました。





お通しですと出てきたのは、なんと蟹汁。

大将 かに汁

一口飲んだビールの酔いが早速さめてしまいますが、冬の夜にはいいお通しです。

大将 かに汁2





次はゴボウのから揚げ。

揚げ置きされていたので、出るのが早かろうと思い。

大将 ゴボウ唐揚げ

サクサクの食感とビールが進む塩気。

これはいい。





メニューにはなかったけど、注文できるということで刺身の盛り合わせを。

大将 刺し盛り

ほぐした蟹の身・ウニ・頭が付いたボタンエビ・オレンジ色の自家製からすみ・しめさば・カワハギという内容。

この中では甘いウニが頭ひとつリード。

しかし、しめさばの旨さも肉薄しています。

大将 刺し盛り2

1ミリ程度しか白い部分がなく、ほぼ生の鯖。

食べてみると、生の鯖の旨さと、わずかな酢の香り、そして案外と強い塩気に驚きました。





少し毛色が違う料理をと思い、ガツポンを注文。

大将 がつぽん

ピンと張った玉ねぎのスライスに、茹でたガツと青ネギをたっぷりと乗せ、ポン酢をかける。

このポン酢が、さわやかで旨い!

これならカツオのたたきも旨いだろうなと思います。





ぬたは、ネギと牡蠣。

大将 ぬた

ほわっとした牡蠣と白ネギの頭の部分を使っているのかな。

酢味噌は、和辛子ではなくマスタードなのも面白い。

こういう料理好きだなぁ。





ナマコポン酢は王道的。

厚めに切っているけどガチガチに硬くないナマコが良かったです。

大将 なまこ酢





カキフライは大粒なのが5つ。

大将 カキフライ

下にはマッシュポテトが敷いてあり、上からは上げたジャガイモがかけられています。

牡蠣自体の旨味は軽く、とろっとした食感でした。

どこの牡蠣なんだろう。





この辺りで2時間飲み放題の時間が終わりましたが、ドリンク単品にチェンジして飲み続けるという(苦笑





その相棒には、白子焼きを。

大将 白子

3本の金串を抜いたら、目の前で人数分にカット。

大将 白子2

表面の塩気と中のとろみがいいですね。

旨味自体は軽かったけど、旨い白子焼きでした。





勢いがついて、トラフグのから揚げを注文。

大将 とらふぐ唐揚げ

そして、ひれ酒をひとり一杯。

大将 ひれ酒

ひれ酒って、考え出した人をほめてあげたい(笑





次に出てきた肉豆腐が、ちょっと驚きでした。

大将 肉豆腐

すき焼き用ほどの厚みのある牛肉と甘辛くサッと煮つけた豆腐。

くたっと煮た玉ねぎと椎茸も一緒に。

ここに実山椒と粉山椒が掛けられています。

見た目にもインパクトがあるし、軽く脂がのった肉は柔らかくて旨かった。





ポテトサラダも、一風変わった見た目。

大将 ポテサラ

まず目に入ってくるのは、目玉焼き。

めくると、その下にはポテトサラダが。

滑らかなマッシュポテトに、チーズと、ほころぶような甘さの角切りサツマイモが混ぜ込まれていて、ほんのりと温かいんですよ。

面白い。





結局4時間くらい飲み続け、一人6,000円位のお会計。

フグのコースを頼むよりも、料理単品にして正解だったかも。

とても満足しました。

ごちそうさまでした!!!

(2019.12)



■大将の訪問記
大将(2019.12)


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。



関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 和食

0 Comments

Post a comment