大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

めん長州(食堂・佐伯区海老山町)

Category飲食店訪問


新店と老舗、どちらを先に行くか?

これはなかなか悩ましい問題です。

新店は軌道に乗らなかったら閉店してしまう。

老舗は健康上の理由などで閉店してしまう。

いずれにせよ、閉店するまでに行っておかないと、後悔先に立たずになっちゃいます。





この問題、僕はほとんどのケースで老舗から先に行くようにしています。

味・店の雰囲気・客層など、長く続いている理由って何だろう?

そこに興味があるんです。





今回訪れた『めん長州』は、創業年不明ですが、結構古いお店のはず。

めん長州 外観

めん長州 看板
※旭菊水!Qちゃん食堂と同じだ!





店の中には、カウンター席を背中合わせに配置。

一方は厨房と向かい合い、もう一方は壁に向き合う。

先客は4人。

昼酒率高し。

めん長州 店内





ツユが真っ黒なおでん鍋の隣に着座し、ラーメン定食780円を注文。

「おかずなくなったので、おでん3本でいい?」

ちょうど、おでんが気になっていたので、渡りに船じゃん!





超定番の厚揚げ・卵・大根。

めん長州 おでん

良いですねぇ、真っ黒な大根。

箸で二つに割ると、中まで真っ黒。

少し甘めの味付けで、辛子とよく合うんだ、これが。





少し遅れてラーメンが登場。

灰汁が散見される赤茶色のスープは、ほんのり獣臭が漂います。

めん長州 中華そば

具材はもやし・青ネギ・チャーシュー。





醤油がピシっと効いたスープは、しっかりと出汁が出ており、なかなかの旨さ。

中まで味が染みたチャーシューは、ほろっと崩れてパサパサ感もあり。

これ好きだなぁ。

シャキシャキのもやしと細麺を一緒に食べ、ご飯を頬張りながらスープを飲む。

永久ループしたくなる旨さだ。

でも、このスープは冷めてくると粗が見えてきそうなので、熱々の状態で完食しましょ。





少し緩めの雰囲気と、くたびれ感のある店内。

そして、出前の多さは、味が受け入れられていることを物語っているのか。

食べるほどに好きになる。

そんな言葉がぴったりのお店だと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2020.8)



■お店のデータ
めん長州
広島市佐伯区海老山町4-27
0829230009
11:00~20:00
定休日:月曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。





関連記事










広島グルメ 食べ歩き おすすめ 食堂

0 Comments

Post a comment