大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

たかふく(お好み焼き・西区草津新町)~アルパーク近くから移転~

Category飲食店訪問


レクトと宮島街道の間。

北半分は草津浜町。 

1本中に入ると、細い道が織物の糸のように張り巡らされています。

南半分の草津新町は、新しい一戸建てが立ち並ぶエリア。

その一角で偶然見つけたのが、『たかふく』というお好み焼き屋さんです。

たかふく 外観

自宅の敷地の一部に建てたと思われる店舗。

片流れの屋根が目を引きますね。

暖簾もこぢんまりとしていて、かわいい。

たかふく 暖簾





客席は鉄板前とテーブル。

店の切り盛りは、親子かなと思われる男性がおふたりで。

メニューは、お好み焼きとそのバリエーション。

各種トッピングを組み合わせて、〇〇おこというネーミングでメニューに掲載。





「お盆だし、たまには奮発するか」

‘お盆だし’の意味が自分でも分かりませんが、スジおこ990円を注文。

※スジおこは、肉玉そばに牛すじとネギが加わったもの。





生地を敷いたら、キャベツ・すじ肉・天かす・もやし・豚バラと、ふたり掛かりで一気に積みます。

たかふく 途中

ボリュームは多くはない感じかな。

つなぎを垂らすと、しばしそのままで待ってから反転。





炒めたそばは、丸く成形して本体との合体を待ちます。





合体前に二、三度プレスして水分を抜き、そばの上へ。

卵を貼り付けたら、ソース・青のりなどで完成です。

たかふく お好み焼き





火傷注意寸前の熱々仕上げ。

キャベツはコリっと、生地はムチっと。

牛すじは3~4個入っていて、部位はアキレスが多かったかな。

ほんのり甘辛くて旨かったです。





印象的だったのは油の旨さ。

全体に油が回りコクを加えているので、お好み焼き自体が旨いんです。

「国産の牛すじの脂が旨いんでしょうね」と教えていただきました。





ここの料理なら、鉄板焼きも旨いんだろうな。

夜にふらりと訪れて、一品一品楽しみたい。

そう思えるお店でした。

ごちそうさまでした!!

(2020.8)



■お店のデータ
たかふく
広島市西区草津新町1-1-13
0822771321
11:30~13:30
17:30~22:00
定休日:月曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。






関連記事










広島グルメ 食べ歩き お好み焼き

0 Comments

Post a comment