大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

康楽苑(韓国料理・安佐北区安佐町)

Category飲食店訪問


今回訪れた『康楽苑』は、未訪の町中華をグーグルマップで探している時に見つけたお店。

お店の場所は、安佐動物園の先、あさひが丘団地を抜けたところ。

ちょっと遠いけど、見つけたからには行かなくては。

康楽苑 外観





中に入ると女性がお出迎え。

引戸を閉めれば個室に早変わりするスペースに案内され着座。





お昼のメニューは、麺類とスープ・ごはん定食に大別されています。

康楽苑 メニュー

ざっと流し読んで、竹筒ごはんとテールスープのセットに決めたまでは良かったんだけど、最近テールが入ってこないということで提供なし。

これは残念だ~





少し悩んで、湯麺と唐揚げのセットを注文。





穏やかなピアノのBGM、ゆったりとした空間。

康楽苑 店内

応対してくれた女性も穏やかな方で、何だか落ち着くお店です。

康楽苑 店内2





出てきたセットは、湯麺・鶏の唐揚げ・小鉢という内容。

康楽苑 セット





湯麺は、透明感のある醤油スープといういでたち。

説明によると、豚骨ベースで牛肉&野菜も使ってスープを作っているんだそうです。

康楽苑 湯麺

熱々の内は、あっさりとした味わい。

温度が下がってくるにつれ旨味が出てくる感じは、この手のラーメンによくある変化です。





具材では、豚の旨味がきちんと感じられるチャーシューが旨かった。

半熟気味のゆで卵は、黄身がスープに溶け込まないうちに、真っ先に食べてしまいました。

もう少し旨味を重ねて一般受けを狙っても良さそうに思いますが、そうしないのがポリシーなんでしょう。





一方の鶏の唐揚げ。

康楽苑 唐揚げ

衣は硬くてガリッと、食感はボソッと。

揚げすぎといわれても不思議ではない出来栄えだけど、これがこの店では正しいんでしょう。

何となく。

添えられた野菜が旨かったのは嬉しいポイントです。





小鉢はジャガイモやつくねなのかな?

康楽苑 小鉢

いい意味での独特の味付けが面白いひと品でした。





湯麺の食後感は非常に軽く、喉の渇きも皆無。

うすぼんやりとした印象なんですが、これはこれでありかな。





でも、スープ・ごはん定食の方が期待高まる内容。

やっぱり、そっちだったかなぁ(苦笑

家族で訪れてみてもいいかも。

その時に試してみようかな。

ごちそうさまでした!!

(2020.12)



■お店のデータ
康楽苑
広島市安佐北区安佐町毛木1804
0828103212
11:00~14:30
夜は予約のみ
定休日:日曜日


カテゴリー別飲食店リストはこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。





関連記事










広島グルメ 食べ歩き 韓国料理

0 Comments

Post a comment