大丈夫、人生なんとかなるものさ!

グルメ(美食家)ではないけど、足で稼いだ広島の飲食店情報と日本酒の話題がほとんどなブログです

陽気@横川(ラーメン・西区横川新町)

Category飲食店訪問


ピッツァ・リーヴァ」でピッツァを楽しんだ僕は、さて帰ろうかとセブンイレブンの前を西方面に向かいました。

この時、10月上旬でしたが、ワイシャツ一枚では少し肌寒く感じる季節。そんな中、ふと気付くと目の前にラーメン屋が。

あぁ、そういえば『陽気』ってここにあったんだなぁ。





ふと我に返ったら、カウンターに座っておりましたよ(笑)。



店内レイアウトは、陽気@大手町を左右に反転させたようなイメージでしょうか。入って右手に厨房とカウンターが、左手にはテーブル席が並んでおります。

お店の切り盛りは男女3名で。年の多い男性と若い男性でラーメンを作り、年の多い女性(失礼)が注文・会計を仕切る布陣となっております。



横川店の注文方法は、食券制ではなく申告制。

メニューをチラと見ますと、中華そば600円・ビール450円・むすび150円の3種のみと、さすがの潔さ。



もちろん、目当ての中華そばを注文です。



ロイヤルミルクティーのように美しく茶濁したスープの表面には、キラリと光る油の膜が。具材はチャーシュー、メンマ、もやし、青ねぎの4種で構成。



スープは何も突出しておらず、ベースの豚骨や鶏がら、野菜などの旨味が淡々かつじんわりと通り抜けていきます。

元ダレの醤油は辛すぎず薄すぎず。

にんにくの利きはとても穏やか。前面に出ず、下支えになっているものと思われます。



麺は中程度の太さのストレート麺。縁者がやっているという佐伯区海老園の「きくま」や「陽気@大手町」と比べると少しだけ太いように感じましたが、おそらくは受け手である僕のブレなんでしょう。



老舗広島ラーメン店の中でも、味のしみじみ度はトップクラス。

広島人の生活にそっと寄り添うように継続してきた広島ラーメン。陽気@横川の中華そばは、最もそれを具現化した一杯なのかもしれません。

厨房にいた鼻筋が良く似た男性2名を見るにつけ、これから何十年もこの味を楽しめるのかなぁと、少し期待してしまいました。

ごちそうさまでした!!!

(2012.10)


■お店のデータ
陽気横川店
広島市西区横川新町11-18
0822946722
11:30~14:30
16:30~21:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。



関連記事








広島グルメ 食べ歩き おすすめ ラーメン

2 Comments

セヴン  

厨房の二人は、親子(母、次男)では?長男は「きくま」ですが・・・

2012/12/01 (Sat) 18:26 | REPLY |   

oomin  

セヴンさんへ

コメントありがとうございます。

詳細な関係は良く分からないんですが、厨房にいたのはやはり息子さんですか!
本当に鼻筋がそっくりでしたよ。

きくまもやはり縁者がされているんですね。

情報ありがとうございます!

2012/12/02 (Sun) 00:04 | REPLY |   

Post a comment